メンズスキンケア

メンズスキンケアをする上での注意点

男性もスキンケアをしていかなければ、肌老化が進んでしまいます。
でも、どのようなスキンケアでも良いというわけではなく、肌の特性に合わせる事が必要です。
今回はメンズスキンケアの注意点についてご説明します。

 

<目次>
男性と女性の肌質の違い
皮脂を落とし過ぎない洗顔方法
化粧水・美容液・保湿
メンズスキンケア方法

 

男性と女性の肌質の違い

まず、知って置くべきことは、男性と女性の肌質にどのような違いがあるのかということです。
男性は皮脂の分泌量が女性に比べて、およそ2.5倍から3倍です。

 

皮脂というのは、見た目には脂ぎっている状態になってしまうので厄介なものですが、
肌にとっては水分を保持し外部の刺激から肌を守るものです。

 

だから、皮脂が多いということは、それだけ肌のハリや潤いがあるように思えますが、実は水分量はそれほどありません。

 

しかも、その傾向は年令を重ねるほどに進み40代から50代になってくると、ますます皮脂が増えて水分量が減り乾燥肌になります。

 

そのように女性と男性とでは、肌質というものが違いますから、適切なメンズスキンケアが必要です。

 

皮脂を落とし過ぎない洗顔方法

では、どのようにすれば良いのかと言うと、
まず余分な皮脂を落とすために必要な洗顔ですが、洗顔料はあまり洗浄力がないものを選びましょう。

 

あまり皮脂を落とし過ぎると、かえって肌は肌バリアを強化するために、皮脂を分泌しようとします。
絶対にやってはいけないのは体を洗う石鹸と兼用にすることです。

 

洗顔料に比べて、体を洗うための石鹸は洗浄力が強すぎます。
最低限必要な皮脂までも洗い流してしまうのです。

 

また、十分に泡立てて、手ではなく泡で顔を撫でるようにします。

 

そうしないと、肌にダメージが加わってしまうからです。

 

化粧水・美容液・保湿

その後化粧水と美容液をつけて、水分と肌の栄養素を補給します。
乳液やクリームについては、皮脂が多い男性の場合はあまり必要ありません。

 

乳液や皮脂はあくまでも保湿のためにものですから、皮脂が十分にある男性の場合にはなくても乾燥を防げるからです。

 

男性の場合には、身だしなみを整えるために、髭剃りをすることもあります。
そのようなときにも十分なメンズスキンケアをしておくことです。

 

メンズスキンケア方法

カミソリは、強引に使えば刃で肌を切ってしまうだけでなく、角質を剥がして炎症を引き起こします。
髭剃りをする前から下準備をしておきましょう。

 

やるべきことは、蒸しタオルで髭の部分を多い、髭と肌を潤し柔らかくすることです。
それからシェービングクリームをつけて、髭剃りを行えば刃が滑らかに動き、肌へのダメージが最小限に抑えられます。

 

剃る向きは髭の生えている方向に統一します。
逆にカミソリを動かせば、肌の角質を削りとってしまいます。

 

剃ったあとは、髭とシェービングクリームは残らないように丁寧に洗い流します。
その後、化粧水、美容液で毛穴の引き締めと保湿を行います。